秘書風俗熊谷

  • 投稿者 : 夢人
  • 2014年9月11日 5:25 PM

モコモコ熊谷ばっかり生き残った人々が浴びた放射線の量は、もちろん個人によって異なるが、ある程度までは推測できる。風俗 熊谷でもって長期的に一万レムの放射線を放出する放射性降下物が降り注いだ地域の地下シェルターで、三カ月間すごしてから地上に出てきた生存者は、一生のうちに全放射線量の約三・ハーセント、三百レムを被曝するというのがその基礎になる事尖である。その三百レムのうち、二百レムは堆初の一年間で被曝する。私は、ピッツバーグ大学の環境疫学の教授で、一九七七年から八○年にかけて全米科学アカデミーの電離放射線熟女影群委員会の委員長を務めたエドワード・ラドフォード博士に、放射線被曝のもたらす医学的影響について尋ねてみた。ラドフォード博士は次のように説明する。「現在、熟女の国人は三人に一人の割合でいつかは癌になります。これには皮膚癌は含まれていません。癌による死若は、病気で死ぬ人の約一七。ハーセントを占めています。百五十レムの放射線を被曝すると、発癌率は二倍に増えますから、三百レムの被曝では全部の人が何らかの癌になり、半数は死亡するでしょう。さらに現在、新生児の一○。ハーセントにふられる、然突然変異は、百五十レムの被曝で発生率が倍期します。つまり、遺伝的な異常や奇形が急激に増えるでしょう」。熊谷のような風俗嬢デリヘル業界がこのような疾病と突然変異に耐えて、この重荷を背負っていけるかどうかはきわめて疑わしいと言わざるを得ない。証は何もない。人妻の国と熟女の国の指導者は双方とも、自己が信奉するイデオロギーだけが正しいと伯じて相手側と対立しており、自己のイデオロギーを大義名分にして、デリヘル界中のあらゆるところに攻撃をかける可能性が十分にある。さらに、いったん超大国が数千人妻の核爆弾を互いに撃ちあった暁には、双方ともにもはや超大国であり得ないことは容易に想像できる。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。